Column -コラム記事-

デザイナー

フォントの選び方(基礎編)

メディアメイドのデザイナーは、WEBサイトのデザインだけでなく各種印刷物のデザイン等も行っています。
今回はDTPデザインでもWEBデザインでも欠かせない「フォント選択」について書いてみようと思います。

フォントの役割

まずフォントはなんのためにあるのでしょうか。
下記の写真を見てみましょう。

さて、この文字の雰囲気で美味しさが伝わるでしょうか。随分デジタルな印象になってしまいますよね。
ではこのフォントを変更してみましょう。

いかがでしょうか?先ほどよりぐっとBBQのおいしさが伝わる雰囲気になったのではないでしょうか。
フォントは文字でありながらもこのようにシーンや用途にあわせて情報を的確に伝える役割を担っているのです。

明朝体とゴシック体

日本語フォントの代表格「ゴシック体」と「明朝体」があります。
最近では様々なフリーフォントが配布されフォントの選択肢は増える一方だと思います。それぞれの特徴について見ていきますので今後のフォント選択の参考になれば幸いです!

「明朝体」は、縦の線より横の線が太く、右端や角に「うろこ」と呼ばれる三角の山のようなものがあります。もともとは毛筆の楷書体を模してつくられた書体ですので全体的に筆で書いたような雰囲気を持っていることが多いですね。

「ゴシック体」は、縦も横も線の太さはほぼ一定に見えるようデザインされた書体です。もともとは活版印刷の定着とともに、見出しなどでの強調を目的に生まれた書体です。

また、明朝体のイメージは、優雅・高級感・上品・和風・信頼感・繊細などといった印象を与え、ゴシック体は、現代的・活発・親近感・安定感のあるイメージを与えます。
伝えたい情報にとって適切な雰囲気をくみとり、イメージで使いわけることが重要となってきます。
例えば最初のBBQの写真。
情報を伝えたいターゲットが活発な子供であればどうでしょうか。

この場合はゴシック体を選ぶ方が適してそうですよね。
こんな風にシーンや用途・ターゲットを明確にすることで、フォントの取捨選択をすることができます。

最後に

いかがでしたか。
今回はかなり大枠の分類になりましたがフォントの選択の参考になればさいわいです。

前ページに戻る