Column -コラム記事-

デザイナー

デザイナー必見!デザイナーとしてスキルアップするために参考になる本4選

デザイナーとしてスキルアップするためにみなさんはどんな取り組みをされていますか?
ネットの発達した昨今では読書の機会も減りつつあるのかもしれませんが、あえてここではスキルアップしていきたいデザイナーにぜひ読んでほしいおすすめ書籍を紹介させていただきます。

タイポグラフィの基本ルール ―プロに学ぶ、一生枯れない永久不滅テクニック―


http://amzn.asia/d/ivhod9O

芸術系の学校を出られてデザイナーになる方も多いと思いますが、案外学校では「タイポグラフィ」について詳しく教えてくれないことも多いです。特にWebでは「タイポグラフィ」はグラフィックデザインのジャンルでは?と思われる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかし文字は紙・Web関係なく画面を構成する上での重要な要素です。デザインでは「読むことができる」「読みやすい」の違いを明確にすることで情報を整理し、より相手に伝わるように設計していきます。そのなかでこの「タイポグラフィ」は非常に大事なテクニックになってきます。フォントって?文字組の約束事って?余白って?文字にまつわる構成テクニックがつまっています。画像と文字の割合も心地よく、文字の説明だけになりすぎない読みやすい一冊です。

けっきょく、よはく。余白を活かしたデザインレイアウトの本


http://amzn.asia/d/1uMrKeV

余白恐怖症は新人デザイナーが陥りやすい症状かと思います。
スペースがあるなら情報をつめてしまえばいいじゃない!とノンデザイナーの方にも思われがちなこの「余白」。実は情報をデザインをする上で大事なひとつの要素なのです。
前述したとおり、「読むことができる」と「読みやすい」は似てるようで大違い。「読みやすい」=「情報が伝わりやすい」ということ。デザインとしてはより優れているということです。そして余白はセンスだとか経験という言葉で片づけられてなかなか教えてくれない先輩も多いのです。NGとOKのビフォーアフターがついていて視覚的にとてもわかりやすい一冊です。余白恐怖症のみなさまにおすすめです!

センスは知識からはじまる


http://amzn.asia/d/1pDbXLd

デザインのテクニックというよりも発想に大事な考え方を教えてくれる本です。
デザイナーのみなさんは「デザインって結局センスですよね。」という言葉で全部ひっくるめられたことはありませんか?その度になにかちがう、なにかちがう、と思いながらもうまく言葉にできなかったことがこの本にすべてつまっています。センスとはなんなのか、それは生まれつきのものなのか、どういう風に磨いていくのか、そんな内容が論理的に説明されていますし、言葉選びも難しくないのでさらっと読んでしまえます。ディレクターへステップアップしたいと考えてるデザイナーさんや、新人デザイナーを育てる立場のデザイナーさんは必読の一冊です。

ネットで「女性」に売る 数字を上げる文章とデザインの基本原則


http://amzn.asia/d/hSG2ra2

いきなりマーケティングっぽいものがきた!と恐れたデザイナーさんいらっしゃるかもしれませんが、この本は「女性」をターゲットにどんな文章やデザインが効果的かをつきつめた一冊となっています。女性向けのデザインを多くされる方には特におすすめの書籍です。男性が思うピンクと女性が好むピンクについて、女性が見るコンテンツは○○が少ない方がいい、などターゲットをしぼったデザインの原則がぎっしりつまっています。女性向けデザインに困っている男性デザイナーだけでなく女性デザイナーにも市場の「女性」を認識するには最適な本です。

いかがでしたか?
デザイナーも作業するだけでなく教育やプレゼン等で説明の機会を与えられるこの時世にぴったりの本ばかりだと思います。ノンデザイナーや新人デザイナーを納得させるためには感覚だけでなく言葉を磨いてみるのもありかと思います!

前ページに戻る