Column -コラム記事-

ディレクター

Webディレクターになるには?仕事内容と3つの必須スキルについて

他のWebディレクターと話していると、デザイナー上がりだったりプログラマー上がりだったり営業上がりだったりと、それぞれに多彩な経歴があるといつも感心します。
ディレクターの仕事については会社によって様々で、何をやればディレクターとして十分かは定義が非常に難しいです。
本記事ではWebディレクターとしての一般的な仕事内容と必須スキルについて書かせていただきます。

ディレクターとは?

まず、ディレクターとは?ということですがウィキペディアによると以下の通りです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC

制作物の作品としての質に責任を持つ者のこと。その責務を全うするために、企画・立案・制作に関与して業務全般をつかさどる場合もある。この場合は「ディレクター職の者がプランナー職・プロデューサー職も兼任することが多い」と言うこともできる。ディレクター本来の担当範囲は企画・制作に及ぶものではない。制作物の経済的責任を持つプロデューサーと対をなすポジション。テレビでは、監督という呼称よりも、ディレクターを広範に用いている。

担当範囲が制作以外すべて・・・となり、どこまででも関わっていくことはできますが、逆に入り込みすぎると管理の方に手が回らなくなりがちになるのでバランスが大事です。
マーケティング・デザイン・プログラム全てをバランス良く知っている必要があります。

3つの必須スキル

上記の通り会社によって求められる物が違いますので、一般的に必要だと思われるスキルを下記記載いたします。

(1)マネジメントスキル

ディレクターは実務の責任者です。
持ちうるリソース(人員・時間)を使って、効率的に・優先順位をつけてプロジェクトを進めて行くことが重要です。
特に事業会社の場合(弊社も含めて)、急なタスクが発生することが非常に多いです。そのため、調整力が求められます。

(2)提案スキル

ディレクターはサイトを俯瞰的に一番見ることができるポジションです。
クライアントからの要望を右から左に流すのではなく、依頼主の意図を正しく汲み取みとり提案に繋げます。
また、サイトを分析してユーザーの行動から新しい提案を考えます。

(3)コミュニケーションスキル

一人でできることは限られていますので、チームメンバーと協力し合うことが大切です。

弊社ではディレクター・マーケター・プログラマー・デザイナーが一つのチームとなり協力しあって四半期ごとの目標に向けてPDCAを回しています。
そのため全メンバーコミュニケーション部分を一番大切にしております。

最後に

メディアメイドでは一緒に働いてくれるメンバーを募集しております。
興味を持ってくださった方は、まずはお話してみませんか?お気軽なご応募お待ちしております!

問い合わせてみる

前ページに戻る