Column -コラム記事-

マーケティング

会社におけるマーケティングの役割って結局何?


皆さんこんにちは!メディアメイドのマーケターです。
現在、マーケターと呼ばれる職種がデジタル広告や、デジタルのマーケティングツールが広がってきたことにより、今までよりも曖昧になった気がします。
だからこそ状況に応じて、キャリア設計、取得すべきスキル等を事業会社の目線からお伝えできればと思います。

業態によるマーケターの役割とは

事業会社の場合

事業会社のマーケターは自社事業の集客や売上をグロースさせることが役割になります。その為、広告のCV数、CPAだけではなくマネタイズまで考慮した戦略を描く必要があります。
様々なビジネスに触れる機会は少ないですが、1事業責任者の目線で責任あるポジションになりますので、マーケティングだけでなくビジネススキルや開発スキル等、様々なジャンルにチャレンジできる環境ですので好奇心の強い方が向いているかと思います。
実際、私もマーケターですがCRMシステムのSEやサイトデイレクションも兼務しております。

広告代理店の場合

事業会社との大きな違いは、ビジネスとして報酬をもらってマーティングを支援することではないでしょうか。その為、クライアントの様々なビジネスで成果を上げることに対してコミットしますので各業界の幅広い知識と、マーケティング商材に対する圧倒的な知識量が必要になります。
Web広告が始まった時代は、web広告の知識だけで戦えておりましたが、商材が複数乱立していることもあり、クライアントのビジネスを理解していないと成果が出なくなっており、事業会社同様、好奇心を常にもつ必要があります。
ただ、様々なビジネスに関わることはできますが、あくまで一点の役割しか担えないことが多いので、しっかり売上までの成果につながっているか、見ることができないのは事業会社と大きく異なる点です。

ベンダーの場合

AdテクベンダーやITツールベンダーのマーケターといっても自社の集客ではなく、製品開発の視点で記載させていただきます。
多くのベンダーの場合、製品開発のPMは経営者もしくは、マーケティングに精通した人間が指揮を取ります。今世の中にない製品を作ってマーケティングに革新をおこすような立場ですので経験とアイデアが必要なポジションです。弊社では、社内エンジニアと協力してベンダーのような働き方もできます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
今回は大きく3つご紹介しましたが、共通することは1つです。
マーケターは「好奇心を強く持て」
メディアメイドは成果を出すために、好奇心の強いメンバーで日々マーケティング活動を行っております。

前ページに戻る