Column -コラム記事-

マーケティング

マーケティング部門をビジネスの支援部門から主導部門へ ~必要なスキルとスタンス~

皆さんこんにちは!メディアメイドのCRM担当です!
主な業務担当はCRMシステムのシステム管理者とマーケティングオートメーションツールの企画・運営です。

かなり大きなテーマとなっていますが、今回は会社のマーケティング部門が売り上げに貢献する為に必要なスタンスとスキルについてお伝えできればと思います。

マーケターが抱えている課題

一例ですが、このようにある程度の規模の会社だと分業制になっている会社が多いのではないでしょうか。マーケターの役割は、新規リードを獲得することで評価も新規リード数。
このような状態で陥りやすいのは、マーケターは量にこだわり、営業部門からはゴミリードばかりよこしやがって!という社内戦争です。

簡単に解決するのはマーケターが質にこだわればええやん、と感じてしまうところですが、質の高いリードのみを集客し続けるのは非常に大変です。顧客からしたら質が低いのではなく購入するタイミングが今じゃないだけ、営業が提案したタイミングが違っただけなど機会損失を起こしているだけなのです。

では解決するために何が必要か

ここで本題です。大きく2点あります。
1.縦割りの組織で役割をこなすのではなく、マーケターから他部門へ働きかける
2.顧客を入り口から出口まで管理できる方法を考える

1.縦割りの組織で役割をこなすのではなく、マーケターから他部門へ働きかける

ここで必要なのはスタンスです。
・売上貢献度を意識する
・他部門をチームのメンバーだと思う

コンバージョン数を追っているマーケターで、上記の課題を抱えているのであれば今すぐコンバージョン数ではなく、売上貢献度を知る意識からつけてください。
売上の貢献度を追うなら、営業がどんな人に、どんなタイミングで提案して、どんな内容を提案しているのかなど、売上に近い人の意見を聞いてください。それを施策やコンテンツの制作に生かしていきます。
大切なのは施策の結果を営業に聞くことです。「この間のメルマガからのリードですがいかがでしたか?」この一言でいいのです。

2.顧客を入り口から出口まで管理できる方法を考える

ここで必要なのはツールですが、ツールを扱うスキルが必要です。
・CRM/SFAシステム
・マーケティングオートメーション/One to Oneメール配信ツール

もちろん経験あるにこしたことはありませんがどちらも未経験から勉強すれば大丈夫です。
データを連携してくことや保存していかないと利用ができないので、基本的なデータベースの構成等は理解したほうが成果をあげやすいです。
※私も未経験からWebディレクター、システムの企画、CRMシステムのPLを経験してますので大丈夫です!

まとめ

今マーケターで更なる成長を求めている方、現状に課題を感じている方は勇気を出して自らの領域を広げてみてください。

前ページに戻る