Column -コラム記事-

マーケティング

CRM~カスタマーリレーションシップマネジメント~って何?!メディアメイドではどうしている?

こんにちは!
メディアメイドマーケティング担当です。

マーケティング担当の方は馴染みあるCRMという言葉でも、
それ以外の担当者、職種の方にとっては、未だ馴染み浅い言葉だと思います。

そこで今日はCRMについて少し触れ、メディアメイドではどういう取り組みをしているかをお話させて頂ければと思います。

CRMとは、

大量生産・大量消費を前提としたマスマーケティングの時代から、消費者個別のニーズに合わせた One to Oneマーケティングの時代へという市場環境の変化により、特に製品単体での差別化が難しい業界(金融やリテール)で注目を集めていた経営コンセプトである。顧客あるいは見込み客が体験する企業との人的・非人的対話をより良いものとすることで、顧客の獲得や維持の向上を目指すものである。

※参照 wikipedia https://ja.wikipedia.org/

要するに、
“お客さんの望むタイミングでその方が望んでいるものを提供しよう!”
“既存顧客を大切にしましょう!”
という考えと思っていただいて大異ないと思います。

私の上司はよく

“ラーメンの味なんてどこもそんなに変わらない。
10倍おいしいラーメンなんて作ることは出来ない。
でも接客の意識を変えるだけでお客の気持ちを10倍気持ちよくすることはできる。”

という話をしてくれるのですが、まさにCRMの考えはこのラーメン屋さんの話とかなり近いと感じています。

目の前のお客さんを、1/100(大勢の中の一人)と捉えるのではなく、1/1(1対1)と捉え全力で対応していく。
そして、私達が提供したサービスに満足して頂けた後、そこで終わりではなく再度サービスを利用して頂ける施策を打ち、ファンになっていただく。
この商流をデジタル領域で実現していく為に、
私達メディアメイドのCRMマーケティングチームは日々顧客の皆さんと向き合いながら奮闘しております。

前ページに戻る