Column -コラム記事-

プログラマー

サイト開発環境

私達の開発環境について

パソコンやスマートフォンの普及が進む中、Webサイトを目にする機会が多くなってきていると思います。
調べ物をしたり、ネットショッピングをしたりと、日常生活においてWebサイトの存在は欠かせないものになりつつありますよね。

私達はそんなWebサイトの作成・運用を行っております。
今回は弊社でWebサイトを作るにあたって使われている技術の一部をご紹介します。

HTML

HTML(Hyper Text Markup Language)は、Webサイトを作るための基本的なマークアップ言語のひとつです。
Webサイト内のページタイトルや見出しなどの構造を明確にすることが主な役割となりますが、
画像や動画の配置などにも使用されています。

JavaScript

Webサイトを目にしているなら必ずと言っていいほど目にしているのがこのJavaScriptです。
普段何気なく使っている機能の多くがこの言語で作られているのです。

弊社サイトでは
・確認などのポップアップを表示する
・複数の画像のスライドショーを表示する
・入力されたデータのチェックをする
などの機能に利用しています。

CSS

主にWebサイトのデザインを指定するための言語です。
文字のサイズや色、レイアウトの指定をしサイトの見栄えを制御します。

PHP

PHPとは、Web開発でよく使用されるプログラミング言語のひとつです。
ショッピングサイトで商品を購入する機能や、ログイン機能など、できることは様々です。

弊社サイトでは主に、
・Webページを動的に表示する
・データベースへの登録や登録されている情報の取得
・メールを送信する
などの機能に利用しています。

MySQL

MySQLとは「データベース管理システム」です。
データベース管理システムを利用しないWebサイトはほとんどないといっても過言ではないほど、Webサイトにはデータベースが利用されています。
データベースには、求人情報などが格納されています。

最後に

いかがでしたか?
今回は技術紹介ということで、それぞれの技術の概要だけ紹介しましたが、掘り下げればそれぞれの技術で実現できることは数えきれないほどあります。

普段何気なく目にしているWebサイトについて、「こんな技術が使われているんだ」「メディアメイドではこんなことをやっているんだ」など、
Webサイトや私達について興味を持っていただければ嬉しく思います。

前ページに戻る