Column -コラム記事-

プログラマー

Macの初期環境構築

初めてPCを触る方は別かもしれませんが、
「WindowsからMacに移行したけど、何を入れれば良いのかわからない…」
「何か便利なツールとかないの?」
などなど、初回のMacのセッティング時や、設定やアプリを入れて便利にしたいと思った方に、効率化を図れるアプリなどをご紹介します。

Mac設定編

ライブ変換のオフ

Windowsから移行した方だと一番最初に感じる事ではないでしょうか?
スペースキーで変換する癖などが染み付いていると非常に使いにくさを感じます。
メリットとしては、自動で変換してくれるのでスペースキーを押して変換するといった操作が減ります。

やり方1

メニューバーからオフにする
メニューバーのIMEのアイコンをクリックして、ライブ変換のチェックを外します。

 

やり方2

システム環境設定からオフにする
システム環境設定のキーボードをクリック。
入力ソースを選択しライブ変換のチェックを外します。

キー入力速度を速くする

これは個人的な差はありますが、Mac初期設定のままだと遅く感じます。
もし遅く感じていたのなら、カスタマイズすることで非常に快適になるのではないでしょうか?

やり方

システム環境設定のキーボードをクリック。
「キーのリピート」「リピート入力認識までの時間」がありますが、それを両方お好みの速さまで設定してください。

同一アプリケーションのウィンドウを切り替える

ブラウザを別々のウィンドウで開いているとすると、それぞれで切り替えることがデフォルト設定ではやりにくいです。
デフォルト設定は「⌘ + F1」で切り替えることが出来ますが、Macのデフォルト設定ではF1キーを押すためにfnキーも押すため、両手を使わないと切り替えれないのです。

そこで新しいショートカットを設定しましょう

やり方

システム環境設定のキーボードをクリック。
ショートカットタブを選択し、キーボードを選択します。

「次のウインドウを選択対象にする」のキーコンビネーションをクリックしてください。

自分の好きなショートカットを割り当ててください。
私の場合は、「⌘ + tab + a」で登録しています。
また、「option + tab」などで設定する人も居たりと、個人でよりけりなので、
自分のやりやすいショートカットを登録してください。

 

アプリケーション編

Alfred

アプリの起動から各検索まで、1ウィンドウで行うことが来ます。
PCのシャットダウンやスリープ、アプリの立ち上げなど直ぐに行うことが出来ます。

Google日本語入力

※App Storeにはありません
MacはWindowsとは違い、標準でGoogle日本語入力ではありません。
MacにはMacの標準日本語入力があります。
MacでGoogle日本語入力を利用したい場合は、インストールすることで簡単に利用できます。

Keynote

簡潔に言うと、Mac版のPowerPointです。
詳しくは下記URLで違いを列挙してくれているので、参照ください。
https://blog.codecamp.jp/keynote-powerpoint

1Passowrd

パスワード管理するためのアプリです。
いちいちメモする必要がなくなります。
また、保存したパスワードをそれぞれのPCなどで共有して使用することが出来ます。
なので、誰かが新しいパスワードを登録すると、共有している全員に反映されます。

スティッキーズ

Windowsのように画面上に色とりどりの付箋を貼ることが出来ます。
感覚的にもWindowsと似ているため、使い慣れやすいかと思います。

Dash

定型化した文章や自分の電話番号、メールアドレスなど何回も打つのはめんどくさい。
そんなときに、テキストコマンドを叩くだけで登録した文言を呼び出すことを可能にするのが「Dash」です。
私はメールアドレスを「;mail」と入力するだけで、全て出てくるように設定しています。

前ページに戻る